FC2ブログ

新キャラ 保坂ゆり子ママン

キャラ紹介
05 /19 2010
久々の更新は新キャラクターを作ったのでそれを晒してみる事にします。

2010.5.19 ゆりこさん

保坂ゆり子
年齢:30歳
身長:159cm
体重:65㎏
スリーサイズ:107-67-97

日本ではなかなかの実力者として知られている2児のママさんレスラー。
その適度に脂肪を纏った女性らしい身体から繰り出される締め技は数多くのレスラーを失神KOしてきた。



お肉むちむち熟女プロレスが予想以上に好評だったのでそれ用のキャラクターとして作りました。
でこっぱち。今後はこのキャラも使って描いていきますー。



「かっ・・・は・・!」
「ヘイ、ギブアップ?」

フロントスリーパーを極められた状態で、アネッサに意地悪な問いかけをされるゆり子
NOと震える指を振ってそれを拒む。

「さすがだわ。でも、日本なんかの豚がいくら束になってかかってきても私には勝てないのよ。」

さらに締めつけを強くするアネッサ。
ギリギリと脇に抱えられた首が締めつけられ、ゆり子の意識が遠のいていく。
しかし、一団体のチャンピオンとして簡単に勝負をあきらめる事は出来ない。

「ぐ・・!そう、かも・・しれな・・い・・けど!」
「へぇ。頑張るじゃない。」


何かを思いついたのか、不敵な笑みを浮かべると一瞬強烈に締め上げた後、
「いいわ。チャンスをあげる。」
アネッサはフロントスリーパーを自ら解くと、ゆり子の頬を両手で持ち上げた。

「ほら、好きな技をかけてもいいわよ。チャンピオンさん?」
「はぁ・・はぁっ・・!くっ・・!悔しいけど・・もらったチャンスは最大限に生かすわ・・!」

情けをかけられた事は悔しいが、試合中のチャンスを最大限に生かす事がゆり子のポリシーだ。
ゆり子は得意技のベアハッグ、そしてネッグシザースを組み合わせた必殺技を繰り出した。

「ぐっ!・・・これが・・あなたの・・・必殺技・・なのねっ・・ひ・・ぐ・・ぁ!」

ギュウウウウウッ
ゆり子の豊満に熟れた肉体が、アネッサのむっちりとした若い肉体にめり込んでいく。
汗で濡れた肉と肉が圧迫され合い、見るものに強烈なインパクトを与えていた。

「どう!・・・はぁ・・はぁっ・・ギブアップぅ?!」

複合技で攻めているゆり子には体力的な余裕が無い。
このチャンスを逃せば、もう攻撃する機会が無いかもしれないのだ。焦りと不安を持ちつつも持てる限りの力でアネッサを締め上げている。

「・・・ぐがっ・・・あくぅ・・!」

アネッサの切羽詰まった悲鳴が上がる。

「効く・・・わ・・はがぁっ!・・確かにね・・でも・・・私の腕を自由にしちゃ、駄目なんじゃない?」

四肢を使って抱きつくような状態のゆり子。アネッサの両腕、両足は完全に自由な状態だ。
それでも、ゆり子はこの技で数多くの選手を沈めてきた。チャンピオンまで上り詰めた締め技だ。
今更外すわけにもいかない。
これで決めなくては・・・。

しかし、その締め技もアネッサの前では・・・・・
アネッサはゆり子の頭を自らの乳房に押し込むと、ゆり子の両わき腹を拳で突き刺した。

「はぁっ・・・ぐぼぉ!!んあああぁ!!」

そして、絶妙なバランスでゆり子を押し倒した。
息が絶え絶えになる。それでもまだ締め上げ続けるゆり子。
対して上から乳房を押し付け、左右に振ってゆり子の顔面を胸で打ち付けるアネッサ。

ばうんっ!ぽうんん!!ばうううん!

「がはっ!・・ぐほぉ!・・ぶぉ!!」

ギチギチギイギイ・・!!!

「がっ・・・ほらぁ。もっと締めつけなさいよ!」

乳で顔面を打たれ続け、脳が揺れてしまう。
また、アネッサの胸で顔を抑えこまれているため熱がこもり、相当な熱さに・・。
全身からどっど汗が吹き出し、顔面は両者の汗と、自らの涎でベチャベチャだ。

「んぁ・・ぁ・・・」

「情けないわね。これでチャンピオン?日本のチャンピオンはこんなのばっかりなの?ふんっ。」

アネッサが胸をゆり子の顔から離すと、ねっとりと糸を引いてゆり子の力の無い
半ば戦意を失ったかのような顔が晒された。

「楽しかったわ。あなたも、私のベルトに名前を刻んでもらうから・・・。じゃあね。」

淡々と、聞こえているのか聞こえていないのか。定かではないゆり子を担ぎあげると、
この試合で一番手応えのあるビッグベンエッジを決めた。

○アネッサ(34分31秒 ビッグベンエッジ→踏みつけフォール)保坂ゆり子●






「べちゃ!ぴちゃ・・!これ・・欲しかったぁ・・じゅるっ!!」

マットに放り投げられたアネッサのチャンピオンベルトに夢中で舌を這わせるゆり子。
お尻を天井へ突き出し、ベルトに頬ずりをしながら懸命にベルトに唇を擦りつけている。

「ははっ!良いザマだね!この雌豚!!」

「んああぁ!!」

こうして、ゆり子のぴちょブログチャンピオン挑戦は幕を閉じたのだった。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

ぴちょん

FC2ブログへようこそ!