スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

蔵元瞳 VS 森永ありす ~先輩も後輩も関係ありませんっ!~

お話
01 /06 2016
黒杉さんからせっかくバストアップ絵を頂いたので、利用させていただく形でお話を投稿!

蔵元瞳 VS 森永ありす




■蔵元瞳 VS 森永ありす ~先輩も後輩も関係ありませんっ!~ ■

『赤コーナー!蔵元瞳ぃーっッ!!』
20151121hitomisan01.png
明るい緑色のコスチューム、そしてKカップの爆乳が見る者の目を引く。
大人しそうな外見からは想像のつかない、激しく、諦めの悪いファイトスタイルが特徴の蔵元瞳。

『青コーナー!森永ありすーゥッ!!』
ありす麗奈
ピンクのコスチュームと頭の大きな赤いリボンが眩しい。
アイドル的な外見ではあるが、ファイトに関しては誰よりも厳しい姿勢を貫く、森永ありす。

この二人は、学生時代からの先輩・後輩の仲。今宵PBWのリングで激突する。
先輩として負けるわけにはいかない、ありす。
ありすを倒し、PBWヘビー級チャンピオンの愛への挑戦権を手に入れたい瞳。
リング上では無言のまま、視線をぶつけ合いすでに火花が激しく散っている・・・そんな状態であった。

「ありすさん、今日は・・・勝たせてもらいます。」
「せっかく来てもらったところ悪いけど、それは出来ないわ。後輩に負けるわけには・・・ね?」

PBWヘビー級チャンピオンベルト挑戦権をかけた闘いの火蓋が切って落とされた。

--------------------

試合開始から30分が経過。

瞳の必殺技のひとつ、「天使の抱擁」と呼ばれるベアハッグがありすを苦しめる。
先日の神埼綾子との試合ではベアハッグにより敗れてしまったありす。
表情からは明らかな、焦り・・・そしてあまりの高威力に苦しみ・・・苦悶の表情が見て取れる。
無意識にこの技に対して苦手意識を持っているようだ。

「がはっ!・・・ぐほぉ・・!!ああっ!」
「ありすさん、ギブアップ?!」

ありすの返事はもちろん、ノーだ。
瞳は今がチャンスだとばかりに全身を揺らし、ありすを追い込む。
玉のような汗が飛び散り、照らされるライトの明かりを反射してキラキラとリングを彩ていた。

「んくっ・・!後輩に・・・負けるわけには、いかないのよ・・・!」
「リングの上ではぁ・・・先輩も、後輩も関係ありませんっ!!」

瞳はベアハッグでありすを一気に締めあげると、そのままブリッジ!
見事な橋を作り上げた。ガバンッ!と激しい衝撃音と、ありすの悲鳴が短く上がる。

「がはぁっ!」
「レフリー!カウントを!!」

ワン

ツゥ

ダンッ!!
ありすが身を捻ったことで、カウントを2.5秒で返したのであった。

--------------------

「はぁっ・・・はぁ・・・はぁっ!」
「ぜぇっ・・・ぜぇ・・ぜぇ・・・!」

瞳が力強い投げを繰り出すと、ありすがテクニックで技を返す。
一進一退の攻防が続いていた。
昔は、ありすの方が圧倒的に力は上だったのだが・・・。

瞳はいつの間にか、王座に挑戦する実力。
いや、王座を手に入れてもおかしくない程である。
しかし、まだチャンピオンになったことはない。
まさに「無冠の女帝」と呼ばれるまで成長していた。

「そぉ・・・れぇぇっ!!」
「はぐぅあ!!」

ズッドオオン!!
瞳の必殺パワーボムが決まった。激しくリングが揺れる。
ありすの後頭部が勢い良く叩きつけられた。あまりの威力に、意識が飛んでしまいそうだ。

ワン・・・!

ツゥ・・・!!

ス・・がばっ!

かろうじてフォールを返すありす。
しかし、もう彼女の表情からは余裕が消えていた。
やっとのことで肩を上げたのだ。思ったように身動きがとれない・・・。

「はぁ・・はぁっ!・・・次でぇ、決めますよ!ありす先輩っ!!」

--------------------

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

先輩・後輩対決は個人的に燃えポイントです!
愛さんへの挑戦権をかけての勝負、どうなるか期待です。
そういえば今まで愛さん以外の選手と対戦したことが少なかったので
そういう意味では何だか新鮮な感じもします。

イラストと試合前上手く纏まっていますね。
続きを書かれるなら、黒杉様ご自身の
挿絵にも期待したいものです。

続きが気になります。
リングに上がれば先輩・後輩は
ありませんよね。
どちらの意地が競り勝つのかな。

臨場感

すごい上手いイラストですね
試合をぜひ、とうこうしたいなぁ

ぴちょん

FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。